駅から離れた場所を狙う

家賃に関するメリット

駅近物件は駅から近いだけでなく、周辺に商業施設が集まっていることが多いというメリットがあります。この利便性の高さが駅近物件の魅力的なポイントですが、その分家賃の設定が高くなりやすいという問題を抱えています。予算に余裕のある人は多少家賃が高くなっても、駅近物件を選ぶことが可能でしょう。しかし、予算に余裕がない場合は少し家賃が高くなるだけでも生活が苦しくなるケースも考えられます。駅から離れた場所にある賃貸物件であれば、家賃の設定が低いことが多いです。同じ3LDKの物件で間取りも似たようなものでも、駅近物件よりも駅から離れた賃貸物件の方が家賃が安いことが多いでしょう。そのため家賃の安い物件を探している場合は駅から離れた物件を優先的に探すのが効果的だと言えます。

デメリットはカバーできる

駅から離れた物件のデメリットは駅から遠いことです。徒歩で駅まで行くのに時間がかかるので、通勤や通学では不便だと考えられることが多いでしょう。しかし、このデメリットはカバーできます。例えば自転車やスクーターを使ったカバーリングが効果的です。駅の周辺には駐輪場や駐車場があります。駅まで自転車やスクーターで行き、周辺の施設で自転車やスクーターを止めておくことで駅までの時間が短縮できるでしょう。またバスを使うのも1つの方法だと言えます。地域によってはコミュニティバスが走っているので、そのバスに乗って駅まで行くという手段を取ることもできます。駅が遠いのであれば電車通勤をしないというのも良い選択です。駅が遠くなった場合はマイカー通勤に切り替えてみるのも良いでしょう。