築年数にこだわらない

少しでも家賃の低いお部屋探しをしたい!

賃貸のお部屋探しの時に重視するポイントは人それぞれです。アクセスや間取り、収納、日当たり、セキュリティ…どれも大切ですよね。お部屋探しにおいて、ほとんどの人が自分の予算の家賃で、希望に沿ったお部屋を探すことになるでしょう。なるべく安く、良いお部屋を探したい…そんな時のポイントとして「築年数」が挙げられます。

築年数にこだわらないだけで、物件数は驚くほど増えます。たくさんのお部屋から探しているうちに、古い建物だけれど意外と自分の希望条件を満たしているお部屋があった…なんてことも珍しくありません。新築物件では希望条件を全て満たしていると予算オーバーになってしまっても古い物件では予算内だった、ということもよくあるお話です。

築年数にこだわらないときの注意点とは?

築年数の古い建物には耐震構造が備わっていなかったり、設備も古かったりするケースがあるので、古い建物はやっぱり心配…という人も多いでしょう。ただし、耐震基準については「1981年6月1日以降に建築確認を受けている物件」なら安心できるといえます。1981年6月1日に耐震基準が改正され、「震度6~7でも倒壊しないこと」という基準があるからです。

また、古い物件はリノベーションを施しているお部屋が多いのも魅力です。築年数が経過している建物でも、リノベーション済みのお部屋は水回り等の設備が全て新しいものに交換されていることもあります。新築のようなお部屋でも、新築のお部屋より家賃が低いのでお得に住むことができるのです。

建物をしっかり管理している管理会社であれば、築年数が経過していても安心です。管理状態はゴミ捨て場や集合ポスト付近の散らかり具合から判断できるので、一度エントランスを覗いてみるのも良いでしょう。